主婦のジョブ

【在宅ワークのデメリットはあるの?】3つの注意したい事と対処法について

在宅ワークのデメリット
ママさん
ママさん
在宅ワークは家に居ながら仕事が出来て、通勤時間がゼロだからメリットばかりな気がする。。けど在宅ワークのデメリットもあるのかな??

スキマ時間を使ってお金が稼げるのが在宅ワークのメリットですが、特別のスキルがない場合はパートなどと比べると、かなり低い時給になることがほとんどのようです。

一定の収入を得るためには、ある程度まとまった時間をとらないとダメなので、気持ちの焦りばかりが先立ち、家事や育児がおろそかになってしまうおそれがあります。

子どもが小さいうちは子ども優先、子どもが幼稚園に通い始めると、その間に仕事に集中するなど、段階を踏んでスキルアップをすると、在宅ワークでもパート並みの時給を稼ぐことは可能です。

この記事を書いた人:矢部美保@30代ワーママ

矢部っち
矢部っち
3歳の男の子がいるアラサーママ。2018年から「あと5万円」の副業収入を目指して在宅で出来る仕事に色々と挑戦しています。 2019年12月の副業収入は9万円を超えました!趣味のヨガ代と、コンビニのスイーツ代を稼ぐのに必死です笑

 

在宅ワークのデメリット1、在宅ワークを始めると自分の時間が無くなる

在宅ワークの最大のデメリットは自分の時間が無くなることです。

日常の生活の中に仕事の時間を組み込むわけなので、当然削るのは自分の時間です。

食後、ゆっくりと新聞や雑誌を読んでいた時間、買い物ついでにおこなっていたウインドショッピングの時間など、なんでもないがリフレッシュできていた時間が無くなってしまいます。

合わせて、今まで家事一切を引き受けていた専業主婦が在宅ワークを始めた場合、家族は今ひとつ理解できず、仕事中にも、あれこれと用事を頼んできます。

タスクワークなどは決められた時間に行う必要があるので、家族の言うことばかり聞いているわけにもいかず、自分自身だけでなく家族にもストレスが生じてしまいます。

デメリット2、在宅ワークを始める際には元手がかかるものはタブー

在宅ワークを始める際に、仕事の条件をよく確かめてから取りかからないと後悔することがあります。

これはデメリットと言うより在宅ワーカーの不注意が原因ですが、仕事を始めるにあたって、特に初心者は元手がかからないものを選んで仕事をすることをおすすめします。

例えばネットを使って転売の仕事を始めるには、商品を仕入れる資金が必要です。

他にも商品を購入して口コミを書く仕事や、脱毛やエステを自費で受けて感想を書く仕事などはリスクを伴います。

応募の際には、持ち出し金がないかどうかを確認しておくことが大事です。

まずは、初期費用なしでも始められる仕事から始めましょう。

デメリット3、在宅ワークは孤独

対人関係が苦手で在宅ワークを始めたものの、仕事が忙しくなるにつれて多くの人が自宅に引きこもりがちになります。

外に出ることが少なくなるとお化粧はせず、着るものにもこだわらなくなります。
そのうち家中がほこりっぽくなり、換気を怠ると水回りにカビが生えてくることもあります。

家事も運動のひとつなので、仕事の合間に上手く家事をこなしていきましょう。

在宅ワークを始めるにあたって、必ず運動や外に出ることを一日のスケジュールに組み込むことは大事です。

簡単な一日のスケジュール表を作って家族にも見えるように貼っておくと、共有することができます。

理想のスケジュールを習慣化することで、生活にリズムやメリハリが出てきて、在宅ワーク特有の不安感や焦る気持、孤独感が解消できます。

具体的には、2時間在宅ワークをした後は1時間体を動かす家事をするなど、静と動を上手く組み合わせてスケジュールを立てましょう。

また、1週間に1度は喫茶店に行くとか1ヵ月に1度はドレスアップして美術館やコンサートに行くなど、自分にとってリフレッシュできることを意識的に取り入れることが、孤独に陥らない秘訣です。

在宅ワークのデメリットはメリットでもある

最初から欲張ると、在宅ワークは挫折してしまいます。

昔ながらの手作り小物品の内職やクラウドソーシングなどのウエブライターの仕事は、1個何円、1文字何円の仕事です。

単価が低いにもかかわらず納期があり、それなりのクオリティも要求されます。

これはデメリットとも言えますが、ほとんどの人はある程度の縛りがないと、自分で自分を律することは難しいものです。

納期や検品があるからこそ、テキパキと仕事をこなすことができるのです。

また、これと言ってスキルがない主婦が在宅でおこなう仕事のほとんどは、時給が低いのが特徴です。

時給が低く、例えば200円程度にしかならなくても、どうすれば400円にできるのかを考えて色々と試すうちに、徐々にパートの最低賃金に達するようになります。

在宅ワークでは稼げないというデメリットを認識しながらも、「どうやれば稼げるかを追求できた人のみが成功している」と理解しておけば、アイデア次第でデメリットをメリットに変えることもできます。

実際にウエブライターの仕事のみで月収20万円を得ている人もいるのですから、工夫と努力次第で月収10万円くらいは稼げるかもしれませんね。

まとめ

在宅ワークのメリットについては多く語られてますが、デメリットについては目をつむりがちです。
しかし、どんな仕事にもメリットがあればデメリットもあります。
デメリットをメリットに変えることができるのは、在宅ワーカーの仕事を選んだ自分自身です。
上手に心身のケアをおこないながら、自分に合った働き方を選び、ガッチリ稼ぎましょう。

あと5万円、毎月、自由に使えるお金が増えたら何につかいますか?

ママでもオシャレしたり自由に遊びたい!

そんなあなたを解放するのは

「女性」×「在宅」で最も稼げるメールレディがオススメです。

1位:VI-VO(ビーボ)
登録ボーナスで8000円が貰える超お得サイト!
メールやボイスチャットの単価は業界最高額!しかも24時間365日のサポート体制で未経験でも安心して働くことが出来ます。

詳細ページ公式サイト

2位:キューティーワーク
簡単操作のスマホアプリから楽ちんお仕事!
報酬の支払いはなんと1000円からで、最初の報酬を受け取るまでのハードルが極端に設定されているサイトです。

詳細ページ公式サイト

3位:キャンディトーク
音声通話やテレビ電話でのやりとりがメインで高額報酬を狙えるサイト!
比較的若い男性会員さんが多く、軽い会話が多いのが特徴です。

詳細ページ公式サイト