主婦のジョブ

【主婦の確定申告はいくらから?】月3万円以上稼ぐ主婦は確定申告が必要かも

主婦の確定申告いくらから
ママさん
ママさん
副業の在宅ワークで月数万円の収入があるんだけど、確定申告ってした方がいいの??

という疑問に回答します。

結論から言ってしまうと、専業主婦が在宅ワークで副収入を得た場合も、個人事業主とみなされ確定申告を行う必要があります

在宅ワークで得る収入が年間38万円以上だと確定申告をした上、納税をおこないます。

また、雑所得が年間33万円を越えると住民税の支払い義務も出てきます。

その辺りを詳しく解説してみますね!

この記事を書いた人:矢部美保@30代ワーママ

矢部っち
矢部っち
3歳の男の子がいるアラサーママ。2018年から「あと5万円」の副業収入を目指して在宅で出来る仕事に色々と挑戦しています。 2019年12月の副業収入は9万円を超えました!趣味のヨガ代と、コンビニのスイーツ代を稼ぐのに必死です笑

在宅ワークで主婦が収入を得た場合確定申告は必要か

矢部っち
矢部っち
先程も書きましたが、副業であっても収入を得た場合は確定申告が必要です!

そもそも一般企業に勤めていた際には会社がやっていてくれることが殆どだったかと思いますので、そもそも確定申告って何??という方もいるでしょう。

実は私もそういう疑問を持っている時がありました。

確定申告とは?

1年間(1月1日~12月31日)の自分の所得を申告し、その所得額に応じた税金を納めることを確定申告と言います。

確定申告は、年間の収入と、それにかかった経費をまとめて税務署に提出します。

日常のレシートや領収書をまとめて保管しておくことで、スムーズに確定申告がおこなえます。

税率は、所得が多くなればなるほど上がりますが、専業主婦の在宅ワーカーだと38万円を少し超えたとしても税率は5%に収まります。

矢部っち
矢部っち
収入を得ているのにそれに伴う税金=所得税を納めないことは違法とされています。まれに有名人の方が脱税や納税漏れを指摘されてニュースになっていますよね

アルバイトによる所得税についての基礎知識

所得にかかる税金は、年間所得が38万円以内であれば支払義務はありません

103万円以内なら所得税はかかりませんが、住民税は自治体によって変わり、年間103万円なら数千円程かかります。

所得が195万円までであれば5%、195万円~330万円までであれば10%、330万円~695万円であれば20%になります。

年収106万円~150万円くらいの範囲内で働くのは、ある意味働き損とも言えます。

しかしながら、在宅ワークで年間200万円も稼ぐには、かなり専門的なスキルが必要かもしれません。

在宅ワークでの副収入は年間38万以内におさえる方法も

年間所得が38万円以内であれば納税の義務はないので、「毎月2万円を稼ぐ」などと目標を決めて収入を得ると、家事や育児、自分の時間ともバランスがとれた働き方ができるかも知れませんね。

ダブルワークで収入を得た時の確定申告はどうすればいいの?

税金は給料から概算で引かれるため、税金の払い過ぎや払い漏れが発生することがあります。そのため、正しく計算して精算する手続きをする必要がでてきます。

たとえば、在宅で仕事をしながら、知り合いの居酒屋さんで土日だけ数時間のアルバイトをしてもダブルワークですが、その場合の確定申告はどうすればいいのか迷ってしまいますよね。

所得の種類は大まかに「給与所得」と「雑所得」に分かれます

居酒屋さんでのアルバイトは、「給与所得」になりますが、アルバイト先で年末調整をしてもらえているなら、確定申告をする必要はないので雇い主に確かめてみましょう。

確定申告をしなければならない対象となっているのに、確定申告を怠り納税をしなかった場合は違法になります。

逆に確定申告をしなかったために本来戻ってくるべきお金が戻ってこない場合もあります。

ダブルワークの仕事がインターネットを使った在宅ワークの場合

ダブルワークのうちのもう一方の仕事がインターネットを使ったwebライターのような「雑所得」の場合は、記事を書くために買った書籍や文房具などの必要経費が認められます。

そのため、よほど高単価の仕事でない限り2時間程度のライティングの仕事なら、確定申告の必要はなさそうです。

その他にも、ネットで不要品などをで売って収入を得ている主婦もいますが、これはダブルワークではありません。

もともと要らないない物のを売るのは、雑所得とみなされません。

しかし、不要になった着物をスカートやアクセサリーなどにリメイクして商品として販売し、得た収入は、雑所得となります。

基本的には専業主婦が、在宅ワークや内職で副収入を得た場合の合計金額が、必要経費を除いて年間38万円以上となった場合は、所得税の対象となります。

副業在宅ワークに関する確定申告のまとめ

矢部っち
矢部っち
簡単にまとめると、年間38万円以上稼いだら確定申告が必要!月に3万円以上稼ぐようになったら、年間36万円程度の収入になるので、確定申告を意識しないといけないと覚えておきましょう!

専業主婦が在宅ワークで副収入を得る際は、目的をはっきりさせ、どのくらいの金額を目標とするかを事前に決めておくと、スムーズに仕事ができます。

子育てが優先なら、納期に追われるような仕事は無理です。

今現在の優先順位を決めてから、在宅ワークに取り組みましょう。

あと5万円、毎月、自由に使えるお金が増えたら何につかいますか?

ママでもオシャレしたり自由に遊びたい!

そんなあなたを解放するのは

「女性」×「在宅」で最も稼げるメールレディがオススメです。

1位:VI-VO(ビーボ)
登録ボーナスで8000円が貰える超お得サイト!
メールやボイスチャットの単価は業界最高額!しかも24時間365日のサポート体制で未経験でも安心して働くことが出来ます。

詳細ページ公式サイト

2位:キューティーワーク
簡単操作のスマホアプリから楽ちんお仕事!
報酬の支払いはなんと1000円からで、最初の報酬を受け取るまでのハードルが極端に設定されているサイトです。

詳細ページ公式サイト

3位:キャンディトーク
音声通話やテレビ電話でのやりとりがメインで高額報酬を狙えるサイト!
比較的若い男性会員さんが多く、軽い会話が多いのが特徴です。

詳細ページ公式サイト