節約速報

食費を節約するの3か条。コツは「無理なく・無駄なく・ストレスなく」

食費節約

家計費の中で、節約しやすいのが「食費」。家賃は削りにくいですが、食費は工夫出来て、結果もすぐに見えます。

でも「食べる」ことは健康にもつながります。健康な毎日の生活の支えになり、ストレスを感じることなく続けられる節約を目指したいですね。

今日は食費を節約したい方に向けて、「食費節約の3箇条」というテーマで記事を書いてみました。是非最後まで読んでくださいね。

この記事を書いた人:矢部美保@30代ワーママ

矢部っち
矢部っち
3歳の男の子がいるアラサーママ。2018年から「あと5万円」の副業収入を目指して在宅で出来る仕事に色々と挑戦しています。 2019年12月の副業収入は9万円を超えました!趣味のヨガ代と、コンビニのスイーツ代を稼ぐのに必死です笑

食費節約の3箇条

食費節約の3箇条!

  1. 食費を1週間単位に分けて考えよう
  2. 買い物回数を減らす
  3. 忙しい買い物ストレスから解放されよう

 

私はもうじき主婦業30年。現在は食費を無駄にしない姿勢が身について、ごく自然に節約を心がけていますが、以前はどんぶり勘定でした。夫婦と子どもと義母の4人家族で、月の食費は当時の予算8万円を軽く越えて、10万円超もありました。

当時、贅沢をしているという認識はなく、食材を粗末にするということもなかったのです。

ではなぜそんなに食費がかかっていたのか。

結婚してほどなく子どもが生まれ、仕事に育児に家事にととにかく忙しかったです。共稼ぎ+義母の年金で、生活に余裕はありました。

休日には買い出しに行きたくさん買い込むのですが、お弁当も含めて3食の食材準備が必要で、値段のチェックはしていませんでした。大量に買っても足りないので仕事帰りも買い足し。慌てるので、同じものを買ったり、傷んだものを買ってしまったりと失敗もよくありました。無駄が多かったのです。

予算管理は1ヶ月単位だと長すぎる

当時、ごく簡単な家計簿をつけていました。振り返るといつも月の半ばで7割近く使っていました。当然月末になると足りなくなり、自分のお小遣いから補てんを繰り返していました。

 

予算にしていた食費は決して少なくはありません。次第に自分の家計管理に危機感を覚えました。

ひと月単位で食費を管理するから、月初めは気が大きくなるのだと気づき、まずは食費を4つに分けました。週末にまとめて買い物するので、1週間単位に分割です。これで少し食費が減っていきました。お財布の残りが少ないと、「これ安いから」とか「そろそろなくなるかな」という必要性の低い買い物をしなくなるのです。しかし問題も発生!お米や洗剤・シャンプーなどの日用品を買った週は非常につらくなります。

そこで食費と日用品を合わせて考え、5等分しました。4つは各週の食費、1つは洗剤などの日用品と、お米や調味料などの毎週買うわけではないが必要な物、を対象にすることにしました。

今週使えるお金の見える化ですね。この方法で予算に収まるようになりました。

 

買い物回数を減らせ!

 

しかし、平日の買い足しは続きます。さらにお財布が乏しくなったので閉塞感もありました。次は、買い物回数を減らすことにしました。

 

無農薬野菜や無添加食品を宅配してくれるサービスの会員になったのです。

このサービスは個人別の宅配で、不在時も置き止めしてくれたので、手間がかからず大変に便利でした。

基本は内容お任せの野菜ボックスと、追加でカタログから必要な物を注文する方式です。毎日必要になる牛乳やヨーグルト、卵、保存の効く冷凍のお魚類などを注文するようにしました。

入会当初はシステムに慣れず、食材を重複させたりして食費が増えてしまいました。それでも、徐々に慣れて定番で注文する商品が出るようになると、食事の支度の時短も進み、予算の範囲内で収まるようになりました。

何よりも宅配と週末の買い物だけで、平日の買い足しはなくなり、時短効果は非常に大きなものでした。

 

宅配で届く食材の費用も週単位の食費から、差し引くようにしました。

結果、食費用のお財布にお札がない、なんていうこともありましたが、足りないものはないので問題ありません。忙しい買い物ストレスから解放されてすっきりしました。

 

食費は週などの短い単位で管理すること、買い物回数はなるべく減らすことが、無駄な買い物や無駄な時間の削減につながり、気楽になり、以来ずっと続いています。

「食費は1週間単位で考える」「買い物回数はできるだけ減らす」これが、働く主婦としての私の食費の節約術です。

あと5万円、毎月、自由に使えるお金が増えたら何につかいますか?

ママでもオシャレしたり自由に遊びたい!

そんなあなたを解放するのは

「女性」×「在宅」で最も稼げるメールレディがオススメです。

1位:VI-VO(ビーボ)
登録ボーナスで8000円が貰える超お得サイト!
メールやボイスチャットの単価は業界最高額!しかも24時間365日のサポート体制で未経験でも安心して働くことが出来ます。

詳細ページ公式サイト

2位:キューティーワーク
簡単操作のスマホアプリから楽ちんお仕事!
報酬の支払いはなんと1000円からで、最初の報酬を受け取るまでのハードルが極端に設定されているサイトです。

詳細ページ公式サイト

3位:キャンディトーク
音声通話やテレビ電話でのやりとりがメインで高額報酬を狙えるサイト!
比較的若い男性会員さんが多く、軽い会話が多いのが特徴です。

詳細ページ公式サイト