節約速報

【下着の整理整頓】下着の数を減らして、気持ちもスッキリ

下着の整理整頓
ママさん
ママさん
なんだか家の中が片付かないなぁ。。必要以上のモノを持っているからかもしれない。。モノを捨ててスッキリしたいなぁ。

という方に向けて、今日は下着の整理整頓について記事を書いてみました。

突然ですが、皆さん下着は何組持っていますか?

10組以上持っていた私ですが、あることをきっかけに、なんと3組まで減らしてみたところ、余計なモノが減って気分がスッキリしました。

モノが多く悩んでいる方に是非読んでいただきたいです。

矢部っち
矢部っち
洋服を減らしたい方は、洋服レンタルを活用してみて下さいね。今だけ5周年記念で初月は55%オフで利用出来ます^^

\今ならairClosetが55%off/

エアクロ公式サイト




この記事を書いた人:矢部美保@30代ワーママ

矢部っち
矢部っち
3歳の男の子がいるアラサーママ。2018年から「あと5万円」の副業収入を目指して在宅で出来る仕事に色々と挑戦しています。 2019年12月の副業収入は9万円を超えました!趣味のヨガ代と、コンビニのスイーツ代を稼ぐのに必死です笑

【下着の整理整頓】下着の数を減らして、気持ちもスッキリ

 

もう、半年ほど前になりますが、同僚と話していて、ちょっと感心させられたことがありました。

彼女はお姑さんと同居でした。私も同じ立場なので、時々家のことなど話しておりました。

彼女のお姑さんは大変にきれい好きで片づけ上手な方で、家の中はいつもきちんと整っていて、快適だそうです。

元気でこまめに家事をされるお姑さんですが、80歳を超えられ、少しずつご自身の持ち物などを少なくされ始めたそうです。使う予定の無いものは、人に譲ったり処分したりして、タンスの中も彼女に言わせると「すっからかん」になっているそうです。

その中でも下着類は「3セット」と決めておられ、「毎日洗濯するのだから、3組あれば十分」とのこと。年末には、下着を3組買い足して、今まで着ていた下着を処分して、新しい下着で新年を迎えるのが、この数年の習慣になっているということでした。

「へぇー3組」と言いながら、その潔さに脱帽してしまいました。

しかし、じっくり考えると確かに3組あれば足りるのです。

私も毎日洗濯派です。下着は薄いので比較的すぐ乾きます。雨で乾きが悪くても、不測の事態で洗濯時間が遅れたとしても、2組では足りなくなりますが、1組余分にあればOKです。

しまう場所も少なくて済みます。「そうだよなぁ」ととても感心した私、さっそく見習って3組と言いたいところですが、一部をまとめて処分して、4組にしてみました・・・。問題なしです。

以前は6-7組、物によっては10枚くらいあったと思いますが、今は引き出しもすっきり。取り出しやすくしまいやすい、片づける時間まで減ったようです。(ほんの数秒の時短?)

 

下着3組の話を聞いて、夫の叔母の話を思い出しました。

この叔母も大変しっかり者できれい好き、お家はいつもすっきりと片付いていてお料理も上手な人でした。なぜそういう話になったのかは覚えていないのですが、この叔母が「私は自分の物は、衣替えしないわよ。」と言ったのです。お宅は広かったので大きなクローゼットでもあるのかなと思っていたら、「季節が変わったら、全部捨てるから」というのです。「えーっもったいない。」というと、「あら、今年着たものを来年また着るのはいやだわ。」と言います。「えー、叔母さんはお金持ちだから・・・」と返すと、「大したものは買わないわよ。」と。

詳しく聞くと、専業主婦なので日常着るものにあまり贅沢はしない代わりに、季節ごとに数枚、気に入ったものを購入して着回し、季節が変わったら処分して、また次の季節には新たに購入する、という流れでした。

 

何だか無駄遣いのような気がしたのですが、でも、今季だけと決めているので、じゃんじゃん洗濯してクリーニングなどは使わない、衣替えもしないから、防虫剤などもいらない、何よりも衣替えの手間もかからない。タンスはいつもすっきりしている。

同僚のお姑さんの下着の管理と、夫の叔母のしていることは、余分なものを管理しない、という共通の姿勢がありました。

 

こういう考え方もあるのだ、何もかも後生大事に取っておくことだけが、節約ではない。必要性を考えて手放すべきものは自分から離して身軽になる、ということも、時間や管理の煩わしさから解放されることにつながるのだ、としみじみ思いました。

 

すっかり感心した私ですが、この人生の先輩のあり方の境地には、まだまだたどり着けてはいません。もうちょっと着られるかなぁとか考えて取ってある衣類も何枚もあります。それでも、下着を減らしてすっきりした引き出しの使いやすさにははまったので、衣類は着実に減らす方向です。

元から「しまう場所以上のものは買わない主義」は通していて、1枚捨てたら1枚買うを実行して来ました。最近は、2枚処分したので1枚追加とか、今まで仕事用に来ていたものを普段着におろすなどして、引き出しを軽くする方向へ進んでいます。

すっきり取り出しやすい状態は使いやすくと気分がいいと、ちょっと満足しています。そういえばこのシーズンはカーディガンを1枚買っただけですが、物足りない気持ちはなしです。

あと5万円、毎月、自由に使えるお金が増えたら何につかいますか?

ママでもオシャレしたり自由に遊びたい!

そんなあなたを解放するのは

「女性」×「在宅」で最も稼げるメールレディがオススメです。

1位:VI-VO(ビーボ)
登録ボーナスで8000円が貰える超お得サイト!
メールやボイスチャットの単価は業界最高額!しかも24時間365日のサポート体制で未経験でも安心して働くことが出来ます。

詳細ページ公式サイト

2位:キューティーワーク
簡単操作のスマホアプリから楽ちんお仕事!
報酬の支払いはなんと1000円からで、最初の報酬を受け取るまでのハードルが極端に設定されているサイトです。

詳細ページ公式サイト

3位:キャンディトーク
音声通話やテレビ電話でのやりとりがメインで高額報酬を狙えるサイト!
比較的若い男性会員さんが多く、軽い会話が多いのが特徴です。

詳細ページ公式サイト