主婦のジョブ

クラウドソーシングの副業でライターに挑戦!初心者が失敗しないための発注者の選び方

クラウドソーシング副業選び方
ママさん
ママさん
クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサイトで副業ライターに挑戦してみたいんだけど、、沢山仕事があってどれを選べば良いのか分からないなぁ。。

というお悩みに回答したいと思います。

専業主婦も自分の自由になるお金があれば、将来的に資格を取得したり、いざというときのためのへそくり貯蓄もできていいなと思いますよね。

そこで、近年特別な資格もいらずパソコン一台で始められるウエブライターの仕事に人気が集まっています。

しかし、おいしい話ばかりだけではありません。
クラウドソーシングの発注者さんの中には、「地雷」の方も居るのが実情です。

副業でライターのお仕事をやるのであれば、地雷は避けて通りたいですよね。

今回はウエブライター歴4年の私が「地雷ふんじゃった」事例をお届けしますので、参考にしていただき、発注者選びに失敗しないようにしてくださいね。

この記事を書いた人:矢部美保@30代ワーママ

矢部っち
矢部っち
3歳の男の子がいるアラサーママ。2018年から「あと5万円」の副業収入を目指して在宅で出来る仕事に色々と挑戦しています。 2019年12月の副業収入は9万円を超えました!趣味のヨガ代と、コンビニのスイーツ代を稼ぐのに必死です笑

クラウドソーシングの副業でライターに挑戦!初心者が失敗しないための発注者の選び方

今思えばほとんどが早とちりとか先走りといった、こちら側の確認ミスが多かったように思います。ウエブライターの私が失敗した体験は次のようなことです。

仮払いがないまま原稿を書き提出してしまった

私がメインで利用しているランサーズでは、入金のトラブルを避けるために「クライアントが借り入金をおこなってから仕事を始めましょう」と注意表示がされています。

それにも関わらず、他に仕事がなかったため原稿を書いてしまいました。

クライアントにすでに原稿が書けているので仮入金のお願いをしたものの、「今回は記事の質を見るためのもので無償ですが、採用後には今回分もまとめて支払います」と言う返事が届きました。

案件が比較的簡単なものだったため、おそらく引き続き仕事をさせてもらえるだろうと思い記事を提出したところ、その後何の連絡もありませんでした。

ランサーズ側に違反申告をしましたが、これは当方の完全なミスなのでどうにもなりませんでした。

矢部っち
矢部っち
仕事を先走って始めるのは辞めておきましょう!必ずサイト上での仮入金が済まされてからです!

契約後にプラスαの仕事を押し付けられた

仕事を承諾後に応募内容に書いていない動画の挿入やオリジナル写真の提供を要求されました。

「文章を書くだけなので初心者でも簡単にできます」とのふれこみで単価も安かったため、
難しい仕事ではないだろうと判断して応募したところ即採用され、すぐに仮入金もおこなわれ「承諾」のボタンを早く押すようにうながされました。

その後、募集されていた内容と違う案件で記事を書くようにと言われ、応募の段階では提示されていなかった動画の挿入やグラフ、画像の提供などを押し付けられました。

矢部っち
矢部っち
吹き出しの内容 スキル不足のためお断りしたところ、評価が1でした。

その他にも苦い経験はまだまだありますが、こんな経験はベテランのウエブライターにもあるようです。

ランサーズでは毎月詐欺まがいの募集やマルチ商法に関する仕事のパーセンテージを公表していますが、「みんな地雷を踏んでもめげないで頑張っているのだな」とつくづく思ってしまいます。

失敗も経験?ポジティブ思考でまずはチャレンジ!

結婚にも相性があるように、クライアントとwebライターとの間にも相性があります。

相性があえば、テンポよく仕事が進みますが、クライアントの求める意向にそえないとライターは何度も書き直さなければなりません。

この相性は、実際のところ仕事をやってみないと分からないのが実情です。
多少の地雷を踏んでもめげずに「これも勉強料」と割り切り、次の仕事にチャレンジしましょう。

また、一度トラブルがあったら二度とそのクライアントの仕事に応募しないようにしましょう。
ただ、本当に悪質なクライアントは名前を変えて募集することもあるので、メールなどでやり取りをして「何か変だな」と思った段階で辞退するようにしましょう。
いったん承諾をすると契約不履行となってしまい、ライターの信用度が落ちてしまいます。

自分に合ったクラウドソーシングのサイトを選ぼう

クラウドソーシングのサイトにはクラウドワークスランサーズ、ザワーワークス、シュフティなどがありますが、それぞれ少しずつ特徴があります。

大手のクラウドワークスやランサーズでのライティングの仕事は豊富ですが、単価はピンからキリまでで1文字0,1円~3円などと開きが大きく、大手のサイトはクライアントの質もピンからキリまでといえます。

ライターも1ヵ月に20万円以上も稼ぐ人もいれば名前だけ登録しているような人もいて、1ヵ月の収入が数千円といった人も多いようです。

クラウドソーシングの副業でライターに挑戦!初心者が失敗しないための発注者の選び方まとめ

一度嫌な思いをすれば仕事をするのに迷いますが、ほとんどのクライアントは優しい人です。クライアントが求める記事が納品できて喜んでもらえれば、やりがいも出てきます。

誠意をもって書けば必ず気持が記事にあらわれます。
ライターが慎重であれば、大きなトラブルになることもめったにありません。

もしこれからクラウドソーシングサイトにてライターの仕事をやってみるという方の参考になれば嬉しいです^^



あと5万円、毎月、自由に使えるお金が増えたら何につかいますか?

ママでもオシャレしたり自由に遊びたい!

そんなあなたを解放するのは

「女性」×「在宅」で最も稼げるメールレディがオススメです。

1位:VI-VO(ビーボ)
登録ボーナスで8000円が貰える超お得サイト!
メールやボイスチャットの単価は業界最高額!しかも24時間365日のサポート体制で未経験でも安心して働くことが出来ます。

詳細ページ公式サイト

2位:キューティーワーク
簡単操作のスマホアプリから楽ちんお仕事!
報酬の支払いはなんと1000円からで、最初の報酬を受け取るまでのハードルが極端に設定されているサイトです。

詳細ページ公式サイト

3位:キャンディトーク
音声通話やテレビ電話でのやりとりがメインで高額報酬を狙えるサイト!
比較的若い男性会員さんが多く、軽い会話が多いのが特徴です。

詳細ページ公式サイト